東大院卒人生オワコンからの逆襲

東大院卒会社員が人生を這い上がる為に転職、英語等について書いて少しでも幸せな生活に繋がる情報を提供できたらなあというブログ

【英語で楽しもう】暗殺教室

言わずとしれたジャンプの名作。

ある日突然、進学校「椚ヶ丘中学校」の成績・素行不良者を集めた3年E組の元に防衛省の人間と、人間ではない謎の生物がやって来た。マッハ20で空を飛び、月の7割を破壊して常時三日月の状態にしてしまった危険な生物は「来年3月までに自分を殺せなければ地球を破壊する」ことを宣言したうえ、「椚ヶ丘中学校3年E組」の担任教師となることを希望した。

The Earth is threatened by a powerful creature who destroyed 70% of the Moon with its power, rendering into the shape of a crescent moon forever. The creature claims that within a year.
The Earth will also be destroyed by him, but he offers mankind a chance to avert this fate. In class 3-E at Kunugigaoka Junior High School, he starts working as a homeroom teacher where he teaches his students not only regular subjects, but the ways of assassination.

 

Japanese government promises a reward of ¥10 billion whomever among the students succeeds in killing the teacher, whom they have named "Koro Sensei" (殺せんせー Korosensē?, a pun on korosenai (殺せない, unkillable) and sensei.
政府は戸惑いつつも、3年E組の生徒に「謎の生物の暗殺」を依頼。生徒たちは最初こそ戸惑うが、「成功報酬:100億円」のために殺る気を出す。
様々な決まりの下に生徒達は殺せんせーを様々な手段で暗殺しようと試みるが、毎回殺せんせーの素早さと先の読めない行動で阻止され、逆に殺せんせーによる手入れを受けることになってしまう。

 

As the series goes on, the situation gets even more complicated as other assassins come after Koro Sensei's life, some coveting the reward, others for personal reasons, and the students eventually learn the secrets involving himself.
The moon's destruction and his ties with their previous homeroom teacher, including the true reason why he must be killed before the end of the year term.
しかし、いざ授業が始まってみると暗殺者と標的という異常な状況ながら、多くの生徒たちは殺せんせーの指導と手入れによってこの暗殺教室を楽しみ、今までの「学校中から差別された底辺学級」としてではない前向きな学校生活を送るようになっていく。その一方、生徒の他にも殺せんせーを暗殺するため、世界中から暗殺者が送り込まれてくるのだった

 

I like this comic because this manga mainly writes about strategy of the weak(how the weak can beats the strong).
この漫画がなぜ好きかというと主に「弱者戦略」について書いてあるからです。
Main message in this comic is “ If you admit you are not very talented is a basic strategy, because you can will find a way how to survive in your field.”
この漫画のメインメッセージは「自分に大した才能がないが基本戦略。大した才能のない人間が自分のフィールドでどうやって生きていくかを考える。」
In addition, cooperating with associates, the weak beats the strong, it describes like a rule for success and the dark part that is potentially offensive in a world, which is the comic that offers the problem deeply referring to it. 
仲間の協力を得ながら弱者が強者に勝つ、世の中の成功法則的なことも描かれていたり世の中の暗部が揶揄的に描かれ、その問題提起されている奥深い漫画だからです。

 

良かったら読んでね!

 

暗殺教室 1 (ジャンプコミックス)

暗殺教室 1 (ジャンプコミックス)

 これはかなり名著。ここで言う「弱者」は天才じゃない人を指していて、そういう人がどう戦っていくか書いてます。
 

 ひらめき教室 「弱者」のための仕事論 (集英社新書)

 

ひらめき教室 「弱者」のための仕事論 (集英社新書)