東大院卒人生オワコンからの逆襲

東大院卒会社員が人生を這い上がる為に転職、英語等について書いて少しでも幸せな生活に繋がる情報を提供できたらなあというブログ

大学祭の魅力とは

東京では主に10-11月に大学祭が開催される。
http://www.enjoytokyo.jp/feature/gakusai/schedule/nov.html

f:id:tokui0109reply:20161104203458j:plain

大学祭巡りはここ9年の趣味だ。もう60大学は巡った。
今回は大学祭の魅力について3点挙げたいと思う。

1 コストがあまりかからない外出

模擬店で一人1,000円食べたとしてもそれだけだ。
ディズニーよりは混まないし、コスパ良いと感じてしまう。

2 コンテンツが多種多様

ステージ発表はどこもそうだが、音大だと本格的だし、
特に東工大、東大は学術的なコンテンツも(例:実験とか)子供も楽しめるようになってるし、各大学の特徴が分かるので楽しい。

3 若い女の子と触れ合える

童貞みたいな感想だが、事実そうだ。
だが青学は模擬店の前のナンパがどこかしらで発生していてすぐ避難した。

あと最後に個人的には学祭には思い入れがあるエピソードがある。いわゆる「文化祭ラブ」だ。9年前から大学祭巡りが趣味になったのはそういうことだ。察して。

ちなみに今期の現時点のトップは昭和女子大学だ。

何故ならラットレース賭けという今まで見た事がない斬新な企画があったからだ。
ちなみに当たるとゼミ生お手製のねずみのぬいぐるみが貰えるというどこまでもねずみ愛に富んだ企画だった。

次点は東京家政大学

 理由はここは中校一貫の女子校が近接されているのだが、中学校3年生の生徒のプロフィールがA4一枚でそれぞれ展示するという企画。
「高校卒業までに英検1級取得し、大学在学中はディズニーのキャスト、卒業後は(株)~に就職」という
中学3年にして既に志望企業が決定しているという衝撃の事実に対して
自分の中学時代を恥じ、ああ、既に人生設計が幼少期で定まっている人の方が成功するというのは明確なんだな、と自身を省みて辛い気持ちになった。
更に衝撃だったのは好きなアーティストはそのクラスの女子は「1位 嵐、2位 神谷浩史という神谷さんの強さだ。
 嵐は5人であるが、神谷さんは1人だ。というか神谷さんはお父さんの年齢であってもおかしくない。凄い。結婚して子供もいるのに。
だが、分かる。神谷さんにアイドル性が備わっていることは。この事についていつか書きたいと思う。

さあ、残り1ヶ月昭和女子大学を超える大学は現れるのか?たのしみたのしみ。