東大院卒人生オワコンからの逆襲

東大院卒会社員が人生を這い上がる為に転職、英語等について書いて少しでも幸せな生活に繋がる情報を提供できたらなあというブログ

鬱っぽかったら天王洲アイルきらきらコースを歩こう!

どうも。人生に疲れました。あやです。

はあ、どうしましょう。歩きますか。

殆ど体を動かさずにじっとして引きこもってる状態こそうつを誘発したり悪化させる原因なんですね。

体を動かす事でうつが改善出来ます。

ウォーキングマシンを使って室内で体を動かすだけでも違うんですが、
実際外に出て歩く事で、日光を浴びたり自然や風景を堪能したり
草花や街の変化など新たな発見にも繋がりますのでうつの改善にグッと近づきます。

家であれやこれや不安がどんどん湧いて、一人でどうしようもなくなります。

何故うつ病は家でじっとしてはいけないのか

によりますと、「血液の循環(血の巡り)が良くなりますし代謝や免疫力アップ、身体機能と体力の向上が望めますから。歩くだけで!
筋力が付く事によって発熱・保温効果、そしてダイエット効果も得られ
心筋梗塞や糖尿病など、生活習慣病の予防にも繋がります。

所要時間と距離に関しては、往復で20分程度かけて歩ける範囲で十分ですし
最初は5分・10分でも構いません。
あんまり歩き過ぎるのも疲れてしまうので逆効果になるでしょう。

毎日同じ時間に同じルートを歩くだけでも構いませんし
慣れてきたらいつもの散策コースを変えてみたり時間帯を変えてみたり
誰か他の人と一緒に歩いてみたりと、自分なりに工夫してみるのも良いですね。

体を動かしてる人にうつの人はいません。

うつの人は圧倒的に歩きませんから
うつの原因は歩かない事、体を動かさない事であり
体を動かせばうつの改善に直接繋がる事がわかります。
そして予防にもなるわけです。

うつの改善どころか、人生が充実したものに変わるかもしれませんよ。」

すげーじゃん徒歩!徒歩ろう!

で、おすすめの徒歩コースがあるんです。

天王洲アイルきらきらコースを紹介します!

  1. 中央改札口を左へ、エスカレーターを下り、
  2. 2階連絡通路へ。
  3. スフィアタワー、セントラルタワーを経由し、つきあたり階段を下りる。
  4. 石畳の広場を抜けて運河沿いに左折、
  5. つきあたり「ボンドストリート」(絵が描いてある壁がある)を左折

f:id:tokui0109reply:20161116195917j:plain

辿り着くとこんなシャレオツな店や、面白いストリート。

f:id:tokui0109reply:20161117135533j:plain

 橋を渡ったり、

f:id:tokui0109reply:20161117140001j:plain

撮り逃したけど屋形船が見えたり。

f:id:tokui0109reply:20161116181604j:plain

りんかん線に戻ると、素敵な広場も。

f:id:tokui0109reply:20161116195959j:plain

ツリーがピカピカと輝いている。

f:id:tokui0109reply:20161116200029j:plain

私自身は結構な気分転換になりました。

オススメです。別にここじゃなくても、イベントに行くのも良いし、近所をぶらぶらします。

ー結論 鬱っぽかったら歩こう!-

おわり!