東大院卒人生オワコンからの逆襲

東大院卒会社員が人生を這い上がる為に転職、英語等について書いて少しでも幸せな生活に繋がる情報を提供できたらなあというブログ

pha×大原扁理×鶴見済「それぞれの幸福の自給自足法」で考えた事

皆さんは何をしている時が幸せでしょうか?

今日は会社帰りに【トークショー】phaさん×大原扁理さん×鶴見済さん「それぞれの幸福の自給自足法」を観に行きました。

大原扁理(へんり)さんの著書『年収90万円で東京ハッピーライフ』の刊行を記念して、著者の大原さん、ゲストに『しないことリスト』の著書もあるphaさんと鶴見済(つるみわたる)さんをお迎えしたトークイベントなのです。

年収90万円で東京ハッピーライフ

年収90万円で東京ハッピーライフ

 

大原扁理さんの「20代で隠居 週休5日の快適生活」も読んだのですが、
1週間の献立が粗食だけど充実していて、体内年齢10代の超健康体を維持していてうらやましい、でも私こんなジャンク野郎なのに、でもうらやましいみたいな気持ちが逡巡していました。文体がとにかく明るくて私も「隠居しちゃお♪」って気持ちになります。

20代で隠居 週休5日の快適生活

20代で隠居 週休5日の快適生活

 

去年もpha×大原扁理×鶴見済さんで「行きづらさの脱出法」という題でトークショーを行っていて、それは行けなかったので

youtubeで聞いてました。どうよ、この予習っぷり。

pha × 大原扁理 × 鶴見済 生きづらさの脱出法 前半

pha × 大原扁理 × 鶴見済 生きづらさの脱出法 後半

phaさんや大原さんの本に共通するのは、「年収以外の幸せ基準を持っていること」です。

公式サイトによると、「生きづらさを脱出する」ことにフォーカスした去年の満員トークイベントから一歩進み、  「生きづらさから脱出してハッピーに生きていく」ために「自分で幸せを作り出す方法」、他にどんな方法があるか、3人がフリートークで探っていく。

pha×大原扁理×鶴見済「それぞれの幸福の自給自足法」 in東京 - パスマーケット

 鶴見済(つるみわたる)さんと言えば『完全自殺マニュアル』ですよね。100万部のミリオンセラーってすごいな、でもこの本を読んだことそのものが理由で自殺をしたことが証明されている事例が無いと言われています 。

完全自殺マニュアル

完全自殺マニュアル

 

会場に着く前にお三方にヒロタのシュークリーム買って来たのですが食べてくださったかな。

f:id:tokui0109reply:20161202232155j:plain

 会場に着くと満員は勿論だけど女の子が結構多いなって。

あと大原さんが思ったよりがっちり男らしい感じがした。phaさんの髪がサラサラだった。かなり自分のメモが汚くて思った以上に再現が出来ておりませんがレポを書きたいと思います。

 『年収90万円で東京ハッピーライフ』『しないことリスト』ってどんな本?

(大原さん)「 『年収90万円で東京ハッピーライフ』は幸せを自給自足していこうという本だと思います。」

(phaさん)「『しないことリスト』は今迄の総集編のような」

(大原さん)「ベスト版みたいな」

しないことリスト

しないことリスト

 

 この本の素晴らしさは前ここで書いた。

 皆不安を抱えて生きているの?

(鶴見さん)「周りからのプレッシャーや期待で良い大学や会社に行こう、という風になっている。今の社会は部活や受験の延長。若い時は不安なのかな?でも年とっても不安だよね

(大原さん)「不安だから依存してしまうんでしょうか。」

(鶴見さん)「僕はずっと世間を疑っていたから。「90万円でもハッピー」に対して反対する人もいるなら皆幸せを追及する事に対して罪悪感があるよね。

(大原さん)「僕は25歳から隠居生活を初めて5年経ってようやく認知された。けど時間をかけた方がお金になるのではないかと。今はすぐに成果が求められすぎている。」

(鶴見さん)「自分の頭で考えて自分の生き方を選ぶ。周りが期待している生き方を送っている人に対してこの2冊は有効なカウンターではないかな。人のやる通りにするのって実は凄く簡単だから」

(大原さん)「僕は人の通りには出来ないですね。フランスでバカンスを8週間取るのが義務らしいんですけど僕取りたくないです。強制で休みなんて嫌です。自分で考えて休暇を取りたい。取る義務と取らない義務があるべきかと。」

台湾で隠居生活を始めて

(大原さん)「今台湾に住んでいるのですが、その理由は台湾のワーホリが30歳までなんですね。でも台湾は時給が安く120元(約400円)で、外国製の商品は物価が高い。台湾で介護職もやろうとしているのですが、月3万円程度の収入で、シンガポールやフィリピンの介護職の方が多いのですが、対応がずぼらで。だから日本人の介護職だったらめちゃくちゃ売れるんじゃないかと。」

(鶴見さん)「次作が『台湾年収90万でハッピーライフ」ですね」

仕事をもっとほかの人に与えたい

(phaさん)「今週1でバイトしてますが、もっと働ける人に仕事を与えたいですね。別に自分だけで稼いでもつまんないし。でも起業するとか僕にはそういう才能がないから。」

(大原さん)「僕は虫のように1人なのでそういう発想がないです。徳が高いですね。」

対人関係の仕事が増えたから社会不適合者が増えた

(鶴見さん)「今僕野菜育ててるんですけど精神的に安定しますね。昔の仕事ってもっと単純作業で人と関わらないものばっかりだったけど、対人関係の仕事が増えたから社会不適合者が増えたんじゃないかと思って。よく大原君は「幸せの自給自足」って言ってるけど」

(大原さん)「自分の周囲が豊かであったら幸せだと思うんですね。」

(鶴見さん)「あと読者に依存しないようにしている。「こういう話が良いとか」そういう期待も含め。自分の考えで物を作りたい。」

(phaさん)「僕の場合は自分が好きで書いているのが広がった、というだったので」

(鶴見さん)「そういえば何故ニートの称号を捨てたの?」

(phaさん)「気持ち悪かったから。そのままニートとしての需要を満たすのが嫌だった。」

自給自足で生きれば戦争がなくなる

(鶴見さん)「自給自足で生きれば戦争がなくなるって思っている。自己充足的(コンサマトリー)とよく言われているけど」

(大原さん)「はい、そうですね。何かの為、将来の為に頑張るって不安が減るだけで幸せじゃないと思うんです。」

(鶴見さん)「経済や戦争も国家に委ねているからね。」

(大原さん)「自分の身の回りを満たせば良いと思うんですけどね」

自給自足をもっと実現させる為に何かしてるの?

(鶴見さん)「年取ると社会的な事も考えなきゃなあと思うようになっている」

20代の自分に言いたいことは?

(大原さん)「試しに10年生きてみろですね」

(phaさん)「もっと早く会社辞めろですね」

(鶴見さん)「『完全自殺マニュアル』を出す前にもっとぶらぶらすれば良かった」

お金は何に使ってますか?

(大原さん)「印税が入って税金を支払わなくてはいけなくなったので税金を納めてます」

注目している人はいますか?

(3人共)「特にいない」

何をしている時が幸せ?

(phaさん)「散歩やサウナしている時が幸せですね。

(大原さん)「やりたくない事をやらなくても良い状態が幸せです。」

一億総活躍社会ではなく「一億総自由社会」

(鶴見さん)「政府はGDP上げる為に一億総活躍社会にしたいんでしょうけど政府の活躍に対する考え方が古すぎる。だから「一億総自由社会」が良いなと思う。」

友達やツテがいない状態で熊野に行けますか?

(phaさん)「イベントをやっているのでそういうのに参加すれば良いと思います。」

猫の存在をどう思っていますか?

(phaさん)「同居人ですね。やはり世話をしなくてはいけないですが。」

老後の心配はありますか?

(phaさん)「先の事は想像できない」

(大原さん)「死ぬことが悪い事とは思っていない」

(鶴見さん)「老後の為に行きたくない」

日本社会は生きづらいですか?

(大原さん)「僕は世界中旅行してどこ行っても一緒だと思います。だからどこでも良いです。台湾行くと本来のペースで生きている感じがします。日本は好きですよ。文化や風景、食べ物...でも社会は嫌いです。」

(phaさん)「僕もタイに1年いましたが海外行くと日本と相対化できるから良いと思います」

(鶴見さん)「でも日本に帰ってくると暗い。あんなに沢山人がいるのに皆同じ顔している。結論は日本の良い所を取り、社会とは関わらない。

酔っぱらいのおっちゃんの幸せ

帰りに、代々木上原から自由ヶ丘までずっと酔っぱらいのおっちゃんを案内しました。

おっちゃんに何度年齢を聞かれても、どこで降りるか聞かれても何も覚えてくれないけど何回も言いました。

「あんたみたいな人はいないよ~良い顔してるね!ご両親が良かったんだね!セックスしたい!」とまで言われましたが優しく話してました。私は今迄色んな事がありましたからこの程度なんて何とも思わないのです。寧ろこういう酔っぱらいの陽気なおっちゃんが私は大好きです。

おっちゃんは何度も私に言いました。

「あのね、人生と言うのは一度きり。やりたい事やるしかないのよ!あと好きな人に囲まれる。これが幸せっていうやつだね!」

おっちゃん、その通りだね。私もそう思うよ。

-結論- 自分で考えて選択して行動していくと幸せになる

他人からのプレッシャーとかではなく、自分でこういう生き方が良いと決めてやる事だと。~の為とかではなく、自分の為に生きていく事が幸せではないかというトークショーでした。

でもなかなか好きな事やっても苦しい時もあるんだよ。

正直仕事だけしてた方が人生楽だなとは大変思います。
本やブログは大変めんどいのでやらない方が絶対良いとは思います。

でも私は書いてる時だけ自分の中の不幸感から一瞬解き放たれる瞬間があります。
ただただ、それだけです。