東大院卒人生オワコンからの逆襲

東大院卒会社員が人生を這い上がる為に転職、英語等について書いて少しでも幸せな生活に繋がる情報を提供できたらなあというブログ

吉田彩とは何者か

 9割9分の方が興味がないと思いますが、

私の経歴をご紹介します。

吉田彩とは 

f:id:tokui0109reply:20170801215914p:plain

女性
好き:じゃがいも、いか、納豆、音楽、チャイコフスキー、ヨハン・シュトラウス、ラフマニノフ、嵐(ファンクラブ会員で土日はずっと嵐の動画観てます)
嫌い: 変化のない人、何かの批評だけする人

幼稚園から劇団に入る

  • 劇団に入る(3~9歳まで)
  • ダウンタウンのガキ使で共演出来て幸せだった。さんまさんの「あっぱれさんま大先生」のオーディションで全力を出せなかったのを今でも後悔してます。福山雅治さんの20年来のファンだった母が実際福山さんと話した時に「初めてお前を産んで良かった」と言われました。
  • エレクトーンを習う(3~12歳まで)
  • 水泳を習う(3~9歳まで)

小学校~高校まで10年いじめられる

私は小学校2年から高校3年に至るまで殴られる、物を壊されるまたは盗まれる、陰口を言われる、「あんな風に生まれたら自分は死を選ぶ」と言われました。

でも絵と硬筆で毎年2枚以上賞状を頂いてました。
いじめの存在を無にしたい学校は何を言っても親が言っても相談を受け付けてくれず、中・高校誰も相談する人がいませんでした。
でも中学校3年間吹奏楽部に所属し、コントラバスを習っていました。

【プラスに変わった瞬間】「オーケストラ」と「オーストラリア留学」

 自分の高校のコースは「全員留学に行かなくてはいけない」英語特化型コースでした。
 私は中学の時英語の授業だけ好きで、単語を覚えるのも全く苦ではなかったので、高校から留学に行けるなんてラッキーだなと思ったという軽いノリでオーストラリアに3ヶ月行きました。

 

 最初は全く英語を話す事が出来なかったのですが、必死で毎日新聞の記事を切り取って感想を書いてみたり、誰とでも話したり、非常に真面目だったけど全く苦ではなかったのは覚えている。オーストラリアは何も不満がなかったです。
 現地で取得したIELTS(アイエルツ)というテストのスコアも良かったので良い経験だと思っていますが、


 結局日本に帰国したら私を悪く言う人間とそれを感知しない振りをしている先生、という状況は何も変わっていなかったので残り2年の高校生活はやはり暗黒で、お昼はトイレで食べても先生がやって来るので朝昼何も食べていなかったら凄く痩せました。


 オーケストラに所属していた為クラスメイト以外の先輩や後輩と仲良くすることが出来たので何とか生き残りました。
   音響環境が非常に良いホールで練習出来たので光悦とさせる生のオーケストラの音楽を毎日聴けるのが幸せでそれで何とか高校3年をやり過ごした感がします。

初めて自分の力で人生を拓けた入学試験

 高校卒業後は偏差値の高い大学に入るしか人に認められる手段がないと思っていました。

 

 音大か美大かIELTSのスコアを使ってオーストラリアイギリスの大学か国内の私大に行こうとしていたのですが、金銭的に国内の大学が一番現実的かなと。

 

 でも、志望大に全然成績が足りていなくてどうしようかと思っていた時高校の3年生の時にNPO法人でアフリカに植林に行っている方の講演を聞き、「自分に関係がない第3者の為に力を注げるのって凄いなー」と心から感心しお昼も食べずに熱心に話を聞きました。


自分が面白そうだと思う分野がある大学を探したところ、留学制度が充実している大学を見つけました。
 指定校推薦で合格したのですが、直後大阪に赴任していた私の父親は部屋に閉じ篭り、うつ病に罹り、会社を辞めました。

大学行けないじゃん!

  うつ病者の家族はまあ大変です。大変の詳細は後で紹介する本に書いているので読んでみて下さい。

 

 私がさっさと家を出れば良かったんですけどね。でも今は家族仲良くやってます。
結局自分自身がうつ病になり、うつ病と父に対する理解度が深まりました。


特別奨学生試験を受験し、1番の成績で合格し、4年間学費免除が決まかかち
私は、自分で人生を拓けたんだ。死ぬ必要はない。

フィリピン留学、総代卒業、東大院、修士論文が専攻長賞

私が最も人生で楽しかったのは大学4年間。

 一番感動したのは「皆仲が良かった事」。その大学は先ず国籍が幅広く様々な方がいらっしゃいました。日本人のタイプとしても真面目系、ヤンチャ系、様々な方がいらっしゃいましたが皆非常に仲良かったです。


 教授陣も皆様個性豊かで生徒との距離が凄く近かった。
 ゼミは研究室の鍵を貰える所で、研究室で勉強したい人は研究室でよく集まって勉強して、クリスマスパーティーを開いてプレゼントやメッセージカードを交換した。
 皆で鍋パーティーをして、桃鉄をして、山梨に温泉旅行に行ったり新潟にスキー旅行に行った。勉強の傍らきちんと「大学生」っぽい事もして楽しかった。あと何故か乗馬しました。
 大学では奨学論文やTOEICスコアアップを頑張ると賞金を頂けました。なかなかそういうインセンティブ制度は他の大学にないと思います。


 課外活動はNPO法人の理事をしていました。
 あと1年フィリピンに留学した。
 物凄く親切なNGO法人の方のスラムで算数を教えるボランティアに参加する事になり、彼らのサポートのお陰でスラムでインタビュー調査を行う事が出来た。
その調査を元に卒論も書けて、東大院にも合格した。


 在学中新聞にもインタビューを載せて頂いたり、色々奨学金も頂いたり、学内のスピーチコンテストで英語とフィリピノ語で優勝した。
 超良い4年間だった。とにかく楽しかった。

東大院は良い思い出がない

 東大院の2年間はクソつまんなくて、きっかけは修士1年の5月に入試説明会のサポートのバイトを先輩と一緒に行っている時にゼミの先輩に

「生まれ変わったらどの大学に入り直したい?」と聞かれたことだ。

私はすぐに「自分の4年間に満足しているので生まれ変わっても同じ学部に入りたい」と答えた。
 「つーか自分で納得して入ってんだから『生まれ変わったらどこに入りたいのか』なんて聞いてんじゃねーし」、と思ったけどその時こいつらに負けない研究をしたいと思った。それ以外の事は興味がなくなった。


 その日から東大院に入った目的は「修士論文で専攻長受賞」と「修了」する事のみになった。段々東大院に通うのもしんどくなった。ゼミに先輩がその発言者がいるという事実が一番辛かった。


 ゼミの飲み会も嫌々たまに参加して開始早々いつも気持ち悪くなってトイレにいた。ただ先生が研究指導においてとにかく素晴らしい先生だったから先生の言う事だけ信じて研究を続けた。


 帰りの電車、家で「やめたい」って言ってずっと泣いていた。後期から別の研究所に行こうとしていた。でも自専攻が嫌なら他専攻の授業を受ければ良いと思い、他専攻の授業を履修した。


 論文は専攻長賞を取れた。学部時代の先生も大層喜んで下さった。
 私は都合の悪い事はすぐ忘れるのでその先輩の名前すら覚えていないが、ようやくそこで私は2年間の復讐心を閉ざす事が出来た。


 研究に対するインセンティブになったからまあ良いのかな。同窓会とか死んでも行かないけど。

入社4か月目で海外進出へ

 私の修士課程における最大の失敗は「最も重要な修了後のプランがあまりなかった事」だ。この事実は私が単眼思考である事の証明のようなものだ。


 就職活動にそれほど興味がなかったので非常に就職活動に苦戦した。落ちまくった理由は「やりたいことが曖昧」で、かつ落ちてくると焦って何でも受けてしまう。で、「入社」が目的なのが会社にバレて、また落ちてしまう・・・の繰り返しで大苦戦。


結局、フィリピンの現地採用複数社と日系企業でアジアに海外進出を行うと聞いたから面白そうと思い、入社を決めた。
 「海外進出」に何故興味を持ったかと言うと、自分が幼少期に留学した経験からである。


 日本人は世界に拮抗するのにあまりに英語が話せないし、その国のレギュレーションの中で雁字搦めになっている事が留学を経験して分かった。日本人代表としてオーストラリア人やフィリピン人に囲まれ、彼らの方がずっと優秀だと思い、ずっと悔しかった。
 要するにその悔しさのバネを「海外進出」を通じて実現しようとした。


 その活動を通じて自分も世界に拮抗出来るような能力を身につけられると信じて。「日本人が世界で戦っていく」事の重要さと厳しさを留学等の実体験から多少学んできたつもりで、じゃあ自分の仕事では海外進出したいと考えている企業の事業推進に従事していきたいと思ったのだ。
 でも最初新卒だからオペレーションミスしまくって休みの日も電話がかかってきて心が休まらなかった。精神安定剤を飲んでもダメだった。現実は厳しい、世界どころじゃない。私にとって能力の範疇を超える。


 そんな時本社の海外事業部の異動が決まった。海外事業は2つプロジェクトがあって同時に進めるのが非常に大変だった。
 色々あり、無事海外進出が出来たと同時に辞めることを決めた。転職活動は2週間で終わった。

その色々はここから読めます。

その後4冊本を出す。【本名でも出版社から出してます】

何故本を出したかったかというと、

1回本名で本の1章だけ書いたことがある事もあって、何かを遺したいという気持ちが強まったからだ。

 

でも最初からブログにすればよかったなって思っています(笑)。

 

これは3人の冴えないアイドルファンの小説で、1人アイドルを殺そうとするんだけど何やかんやあって成長していく話です。

Miss&Mister Idol

Miss&Mister Idol

 

 こちらはDVをやめたくてもやめられない女性の話です。あとブラック企業を辞められない男性がどう辞めるかというのを「アダルトチルドレン」という切り口で書いてます。

  これは処女作です。

人生を制限させないADHD・うつ病 (∞books(ムゲンブックス) - デザインエッグ社)

人生を制限させないADHD・うつ病 (∞books(ムゲンブックス) - デザインエッグ社)

ブログを始める。

 1回イケダハヤトさんの影響で2015年1ヶ月だけLivedoorブログでやりましたが1ヶ月でやめました。うつ病と発達障害をテーマにしたら凄く限られたテーマで挫折しました。

 

雑記ブログを選んだのは「何でも書ける」という利点からです。

 

やはりphaさんやヒトデさんがいらっしゃるはてなだから続けられているんだなーと思います。


今はとにかく「世には素晴らしい事が沢山あるんだから色々おススメしよう!」というゆるいブログになっております。

ブログで実現したい事は?

 同じような生き辛さを抱えている人に何か少しでも

「もっと世には楽しい事がある」

と思わせるきっかけになれば良いなあと思っています。

という事で改めてよろしくお願いいたします!

おわり!