東大院卒人生オワコンからの逆襲

東大院卒会社員が人生を這い上がる為に転職、英語等について書いて少しでも幸せな生活に繋がる情報を提供できたらなあというブログ

婚活は就活と同じだ

 婚活は就活と同じだ

第1志望がダメだと思ったら第2,3志望を受ける。

面接が進んでいって、3次面接で「自分と合わないな」と思ったらまた別の企業に

入社しようとする。

これを婚活に変換する。

第1志望がダメだと思ったら第2,3志望を受ける。

デートが進んでいって、3回目のデートで「自分と合わないな」と思ったら切り捨て、

また別の男性にアピールする。容姿や年齢で選別されるのも就職活動と同じだ。

就活も色んな企業に落ち始めると最後全く何も感じなくなるのと同じで、

1週間ごとに別れを切り出すと何も感じなくなった。

私は「あ、この人といたら自分がダメになる」と思ったら会社もそうだけど切る事は非常に重要だと思っている。

多少の我慢は必要だと思うが、我慢が蓄積して自分が病気になったりしているので

早めに次の環境に移る事が非常に大切だ。

「他人や世間の評価で行動を決めるのではなく、自分なりの価値観を持つこと」

と観念を持つ事が非常に大事だ。

特にこのような 婚活は就活といった選別される場において非常に大事だと思い知らされる。

主治医に「婚活パーティー」を勧められた。

f:id:tokui0109reply:20170622110427p:plain

そんな業の深い私の婚活を聞いていた主治医は

「世の中優しくない男性が多いね」と言った後、

「患者さんで婚活パーティーに参加したら弁護士と結婚した」という夢のある話を聞いた。

私は基本、主治医の言う事は聞きますので翌日申し込んでみた。

結論は凄く楽しかった。

個室空間で出会えるパーティー婚

私が参加したのは「個室空間で出会えるパーティー婚」というもので

何と女性は参加費1,000円(税込) だ(食事は出ず水は出る)。
しかし男性は6,000円と高額だ。
(しかも男性は大卒 or 大手企業 or 年収300万 or 1人参加と条件がある。女性はない。)

その日は30人位参加した。

場所はスペースが区切られた居酒屋で、男性が交代して隣に座り3分間アピールする。

集団面接と同じだ。

ただ「話す婚」というのは何をするのか?

1 受付

10分前受付
プロフィールカード記入(趣味とか得意料理とか書かされる。

決して私のように『好きなタイプ』に「二宮和也」と書いてはいけない。「優しい人」とか性格的な事を書くのが正解。


2 1対1で自己紹介タイム

「プロフィールカード」を交換し、全員の異性の方と自己紹介。

1人3分なので正直人柄なんて分かるわけがない。

3 告白カード記入

「印象が良かった」「もう一度お話がしたいな」と思われる方の番号を第1~第3希望まで『告白カード』に記入する。


4 カップリング発表

カップリング発表はナンバーのみの発表

服装は?

会社帰りだったので男性はスーツの方がほとんどで、女性は清潔感のあるワンピースが多かった。


持ち物は?

公的なご本人確認書類(免許証 or 保険証 or パスポート)
ボールペン
※ボールペンを忘れた方は当日1本100円での販売

結果は30人中2組カップルが出来て大変真面目な方とカップリング成立した

結構倍率厳しいw

この点も大変就活っぽい。

2人の男性は外で待って私も近くのバーでウーロン茶で乾杯してめちゃめちゃ話しました。

赤い糸を操る具現化系女子

個室空間で出会えるパーティー婚は何が楽しいの?

  1. 3分で瞬時に相手がどういう話をさせたら気分よくなるか推測してその推測が当たったら楽しい
  2. 知らない人と沢山話すのは楽しい。

3回も来ているという男性に「何が楽しいのか」聞いてみたら

「マッチング目的よりは普段自分が知らない人と出会えるのが楽しい。異種業界交流会のようだ」という方もいたので単純に話をしたい人もいる。

-おわりに- 他人や世間の評価で行動を決めるのではなく、自分なりの価値観を持つこと

この記事読んで就活あんまりやりたくないと思うのではないかとw

 婚活は就活と同じように特に年齢や容姿が重要視されて

時に自分に自信をなくす。

自分に価値がないと思う込んでしまう。

だからこそ「周りは結婚してるから早く自分も」というように他人や世間のペースに付いていこうとせず、自分のペースを持つことが重要だ。

「結婚しなくても良い」という選択肢だってある(私本当にそれで良いと思うようになったw)。

続く!

※今回の記事はphaさんの「しないことリスト」8ページを参考にしました。

phaさんは婚活のような無駄な事は一切しない方で、大変憧れるので

興味がある方は是非読んでみてください。

しないことリスト

しないことリスト