東大院卒人生オワコンからの逆襲

東大院卒会社員が人生を這い上がる為に転職、英語等について書いて少しでも幸せな生活に繋がる情報を提供できたらなあというブログ

外資系企業内定!英語を話せる人の転職活動はLinkedinが最強な3つの理由

私実際外資系企業に転職出来たので「今より良い所に転職したい」方に向けて書いてます。

今は「逆採用」の時代

私はビズリーチ、wantedlyといったいわゆる「企業側が社員にアプローチする」サービスでしか転職は出来ませんでした。
既に企業側が「あの子取りたい!」と思っているのかなりチャンスです。

 会社員は皆Linkedinに登録しよう

Linkedinは外資系企業就職希望者のみ登録するサイトではなくて、日本のビジネスマン全員登録するべきです。

https://www.linkedin.com

f:id:tokui0109reply:20170404174323p:plain

 

 勿論、実名でデカデカと自分の経歴が載るの嫌な人もいると思いますが、

「結構貴方のキャリアを認める人は世に沢山いるよ」という事を言いたいです。

今やっている仕事より良いオファーが来るかもしれないじゃないですか。

あと晒したくないプロフィールは晒さずに設定出来ます。

根は常に張るべきです。

Linkedinは転職コンサルタントからのオファーメールが結構多いですが、求人は外資系が殆どですが面白そうな案件ばかりです。

何故英語を話せる人の転職活動は「Linkedin」が最強なのか?

理由1:日本の転職サイトより高収入になりそうな案件を紹介してくれる外資系の人材コンサルタントや会社が直接オファーをするから

 

○イナビとか○ODAの案件で未経験の職種月給22万スタートとかざらなんですよ。

萎えますよ。転職した意味ないです。

外資系の人材コンサルタントは高確率で直接面談しないと案件を紹介してくれないケースが多いです。(日本の人材コンサルタントは電話でも可能な場合が多い)

英語での面談が必須ですが、良い練習になります。

面談を設定したら、当日面談をオファーした人以外にもわらわらと別のコンサルタントさんが来て案件を紹介してくれるケースが多いです。

(外資系の人材コンサルタントは業種、業界によって担当者が異なる為)

理由2:Linkedinのプロフィールを送付→応募する事も可能!手間が少なくて済む!

 

何と外資系の会社はLinkedinのプロフィールをそのまま送付して応募も可能。

日系企業の応募ページにいちいち住所等記入しなくて済む訳です。

もちろん職経経歴書や履歴書も送れます。

理由3:1か月無料でPremium会員にして、オファーメールが沢山来るようにする事が可能

Premium会員になった後払いたくなければ30日後キャンセルすれば良いので。

Premium会員はCareers就活プラン ¥2,500/月1 年間契約、Business
プロフェッショナルプラン¥4,900/月があります。

f:id:tokui0109reply:20170404171721p:plain
 無料会員と何が違うかというと、過去90日間にプロフィールを見た人と閲覧に至った方法をチェック出来たり、オファー数がぐっと増加します。

じゃあ、どうしたらLinkedinでオファーが来るようになるか?

 Linkedinはレイアウト命、箇条書きで書こう

 

 先ずPremium会員だと背景のデザインを変更できます。あと「文章にせず箇条書き」で書くというのがポイントです。内容よりも見やすさです。

職務経歴はどうやって書くの?

 

業務の種類
実績
実績を出すに至ったプロセス
簡潔に詳細に記載します。

◎◎を◎◎することによって、○○を○○した。
↑                ↑
あなた独自の行動        アクティブな動詞で書く(実現した・完遂した・削減した。・図った。推進した。達成した。寄与した。改善した。 )

  • 品質を確保するために如何に行動したか
  • コストを如何に削減したか
  • 納期をいかにして厳守したか

先ず日本語の職務経歴書を書いていないという方はこの記事をご参照ください。

 

常に自分の経歴を更新し続ける事は大事

 

今転職を意識していない方でも常に自分の経歴をlinkedinに更新し続ければ色んな方がアプローチしてくれます。
「こんな仕事あるけどどう?」とかメッセージが送られます。
それが今より高収入の案件だったら?根はいつでも張るべきです。

注意!メールは自分がメインに使用しているメールアドレスにしない方が良い

 

 ただ自分のメールアドレスを晒さなくていけなくなるので、linkedin用に新たにメールアドレスを作ったほうが良いです。

 ではLinkedin(及び英語の職務経歴書にもカバー可能)どう書くか順を追って説明します。

1.日本語と英語の職務要約を5行程度で書く

 

 外資系の案件が多いので出来れば日本語、英語両方で要約を書いた方が良いですね。

ポイント:英語は動詞(過去形)から始める、主語は不要

 

例:- Created a task flowchart, WBS and task management table to visualize the tasks to reduce overtime working hours of employees.

ポイント:あとは下のサンプルに従って書くだけ!

 

Your  Name

Summary

  •  3 years of experience in financial domain (equity derivatives) with skills in C++, Java (JSP/Servlet), Sybase…
  •  Business knowledge Fixed Income Futures Option, Asset Management
  • (最大5つの箇条書き)

Experience(職務)

 

Name(会社名),  MM/YY to MM/YY(いつからいつまで勤めていたか)

Job Title (役職)

 

Project Scope (プロジェクト範囲): Developed …….

Responsibilities: (職責)

  •  Aaaa
  •  Bbbb
  •  Ccc

Technical Environment: OS, languages, scripts, DB

Education(学歴)

 

○○University, Tokyo 

Bachelor of Science in Computer Science   MM/YY

 

Certification and Awards (if applicable)資格及び賞罰(該当する場合)

Skills (スキル)

OS

 

Programming Languages 

 

Database

 

Business Knowledge 

 

Others

 


Languages(語学)

 

English (fluent) - TOEIC / TOEFLスコアを取得している場合は、受験した年を記入してください

Japanese (native)

 

先ず自分の職歴の棚卸しをして下さい!皆さんのキャリアアップに繋がれば幸いです!