東大院卒人生オワコンからの逆襲

東大院卒会社員が人生を這い上がる為に転職、英語等について書いて少しでも幸せな生活に繋がる情報を提供できたらなあというブログ

pha×永田夏来「結婚する人生と、しない人生と~私たちの選択」で考えた事

  2015年の総務省統計局「国税調査報告」によれば、50歳の時点での婚姻状況によって示される生涯未婚率は男性23.4%、女性14.1%と過去最高の結果となりました。

 これまでの日本は9割以上の人が結婚をしていれ「皆婚社会」といわれてきました。

 しかし生涯未婚率は急激な情報を示し始め、2030年には男性で約3割、女性は約2割との予測がされています。

 (引用元) 永田夏来「生涯未婚時代」はじめに

  生涯未婚時代とは単に「結婚しない中高年の増加」のことではない。

「結婚、出産を経て配偶者と添い遂げる」という生き方や「正社員となって定年まで働く」という人生設計が社会で共有できなくなった人が増加した昨今、家族社会学の視点から改めて結婚という選択肢を再考したのがこの本だ。

生涯未婚時代 (イースト新書)

生涯未婚時代 (イースト新書)

 

  「結婚=マスト」という世の中の風潮に違和感を感じている人には是非読んで頂きたい。 

 「逃げ恥」や「タラレバ娘」等、分かりやすい例をふんだんに用いて

「結婚してもしなくてもどっちでも良くね?結婚する人生も、しない人生も、同じぐらい尊い」というメッセージを訴えている。めっちゃ分かりやすい。

 私も死ぬほど言われてきた「何で結婚しないの?」、「結婚して一人前の大人」という論者に対抗し得るのはロジックと数字だというのを改めて認識する。

 特に「結婚ができないのは、経済力がないからではなく景気のせい」という章は「自分が経済力がないから彼女が出来ない、結婚が出来ない」と考えている方には是非読んで頂きたい。

 あ、そうそう。今日はphaさん×永田夏来さん「結婚する人生と、しない人生と~私たちの選択」を観に行きました。

先ず登壇者の説明から。

phaさんとは

 

1978年大阪府大阪市出身。現在東京都内に在住。京都大学総合人間学部を24歳で卒業し、25歳で就職。

できるだけ働きたくなくて社内ニートになるものの、28歳のときにインターネットとプログラミングに出会った衝撃で会社を辞める。以来毎日ふらふらしながら暮らしている。シェアハウス「ギークハウスプロジェクト」発起人。

著書に『ひきこもらない』(幻冬舎)、『ニートの歩き方』(技術評論社)、『フルサトをつくる』(共著、東京書籍)、『持たない幸福論』(幻冬舎)、『しないことリスト』(大和書房)など。中島みゆきのファン。
14年はてなブログを続けている。

phaの日記

最近前著「持たない幸福論 働きたくない、家族を作らない、お金に縛られない (幻冬舎文庫) 」が発刊された。文庫本には社会学者見田宗介先生の解説も入っている(めっちゃ凄い。マジ社会学の権威だから)。

永田夏来(ながた なつき)さんとは

 

長崎県出身。
2004年に早稲田大学にて博士(人間科学)を取得後、関東・関西の各大学で非常勤講師を歴任。
現職は兵庫教育大学大学院学校教育研究科助教。
専門は家族社会学。

(引用元) home - 永田夏来研究室

入門 家族社会学

入門 家族社会学

 

 pha×永田夏来「結婚する人生と、しない人生と~私たちの選択」に行ってきた

 

前も同じ場所でイベントがあったのでレポを書いている。

pha×大原扁理×鶴見済「それぞれの幸福の自給自足法」レポ! - 東大院卒人生オワコンからの逆襲

f:id:tokui0109reply:20161202232155j:plain

私の結婚観

 はよレポ書けや、と思っている方。ここは飛ばして下さっても結構。

私は自分で結婚出来ない人間だと思う。しかし4年位紆余曲折ありながらも同棲中。

1回こういう事もあって

10年付き合った彼氏と別れたので結婚や人生について考えた - 東大院卒人生オワコンからの逆襲

婚活をやったが、「やっぱ結婚の為に好きでもない人間を好きになれねえ」と思ってやめた。

婚活は就活と同じだ - 東大院卒人生オワコンからの逆襲

私は結婚をしたいのではなくて、人に依存したいだけであって

金があれば大抵の事が解決出来るから今以上に金を稼げば良いんだと気付いて

今は結婚したいとは思いません。

結婚に関する所をピックアップしたレポ始めます。

 

「結婚する、しない」そんな単純な問題ではない

 

 (phaさん)「僕は今38歳ですが、結婚する気があまりなくて。『生涯未婚時代』みたいな考え方はもっと広まってほしいですね。『生涯未婚時代』は万遍無く事例が書いてあって、教科書みたいだなと思いました。」

 (永田さん)「ありがとうございます。私はphaさんの本は結構出版すればすぐ購入して。でも政策を考える場で官僚達に説明したら結構特異な例として受け止められてしまって悔しい思いをしてます。」

「結婚する、しない」の質問だとそんな高いテンションで「しない」と答える人はあまりいないと思うんですよね。」

 (phaさん)「もっと質問を細かくしたら良いんじゃないですかね。」

 (永田さん)「結婚する、しない」だとデータがはっきり表れやすいんです。

 

シェアハウス=「新しい家族形態の形」?

 

(永田さん)「シェアハウスって自分より上の世代理解して貰えていると思えます?」

 (phaさん)「いやあ、難しいですね。TVとかでも取り上げて貰うんですけどシェアハウス=「新しい家族形態の形」って過剰な期待をされやすいんです。

 別にそこまで素晴らしいものじゃない。一長一短あるので。」

(永田さん)「この前のTV(ザ・ノンフィクション)も結婚でシメないといけないみたいな。」

 (phaさん)「別にシェアハウスやめたからって負けたとかそんな事はないですからね。

 小林銅蟲さんも『結婚してハッピー』みたいに思われたくないからずっとバール持って殺伐としてたんですけどうまくカメラで隠されたみたいで。」

小林銅蟲先生「めしにしましょう」は超画期的な料理漫画だ - 東大院卒人生オワコンからの逆襲

(永田さん)「結婚→妊娠→出産って日本に残る最後の宗教ですよ。

  見田先生は『仏教的な振舞い』、『煩悩を切り捨てた』とphaさんを評してたけど「煩悩を切り捨てた」は最初から成功したいと思っていた前提だから違うとは思うけど」

 (phaさん)「元々興味がないだけですからね」

 

「逃げ恥」のように漫画家、ドラマ化しないとシェアハウスは一般化しない

 

(永田さん)「シェアハウスがもっと一般化する為には「逃げ恥」のように漫画家、ドラマ化しないといけないのかな。」

(phaさん)「シェアハウスニートとか。」

(永田さん)「でもどうせイケメンが主人公なんだろうな」

 

他人と一緒に住める人と頑張っても他人と住めない人

 

(phaさん)「シェアハウスに住んでいる方は家族がひどい方が多い。」

(永田さん)「ああ、家族が上手くいっていない人は多いですよね。上手くいっている時は瞬間最大風速ですから。 

 「私『結婚しないと結婚の事は分からない』ってよく言われるんですけど結婚しなくても結婚に関する研究は出来ます。そういう経験至上主義の方が多いんです。」

(phaさん)「ひろゆきさんは今パリで奥さんと子供と一緒に住んでいて、シェアハウスに住む事が理解出来ないと言ってました。」

(永田さん)「他人と一緒に住める人と頑張っても他人と住めない人がいますよね。

私、長崎が出身なのですがよく親戚で海産物を持ち寄ってて、自然に他人と一緒に住んでいたのですが日本は農産国なのですがいつの間にかそういう風習がなくなりましたね。」

ぎくっ、ギークハウス3か月で退去したのはこの私。私も今のパートナー以外との生活がマジで無理。

 

結婚しようがしまいがどうでも良いが自明だと思っていたけど中々時代がそうならない

 

(永田さん)「結婚しようがしまいがどうでも良いが自明中の自明だと思っていたけど『パラサイトシングル』とか『婚活」といったキャッチコピーに呑まれて、そういう考えに中々世の中が進まない。

 結婚しようがしまいがどうでも良い」という穏当な意見なのに『人口が減少するだろ』とか反対されます。自分と違う選択をする人が嫌なんでしょうね。」

 

ここで質疑応答・コメントタイムとなりました。

 

 (コメント1)40代の友人は学生時代一緒に寮に住んでいるが、年齢を経ると別の人格に変わったように考え方が変わってしまう。それは(「結婚、出産を経て配偶者と添い遂げる」という生き方や「正社員となって定年まで働く」という)同調圧力と、上の世代の生き方がロールモデルになってしまうからだと思う。

 (コメント2)「生涯未婚時代」では未婚者と離婚者はあえて区別せず書いてあるが、その辺どうなのか?」

 

(永田さん)「プレジデントオンラインで

高学歴リア充夫婦ほど5年以内に離婚する | プレジデントオンライン | PRESIDENT Onlineについて書いたんですけど何故これがピックアップされたかというと、

既婚者は離婚する事に対して恐怖感を感じていて、離婚を回避したいんですよ。

1回付きものが落ちたという意味で、未婚者と離婚者は違うかもしれない。

未婚者は『結婚しないと一人前じゃないんだよ』という社会圧力があって、逃げ恥の百合ちゃん(50代の未婚者キャラ)のように。

離婚者は『結婚したからといって、それが絶対じゃないよね』と気付いたから離婚したのであって、価値観的な違いはある。

『実は離婚していた』というコメントを次々と頂いて、隔離離婚が多い。

でも離婚はスティグマ(ダメなレッテル)だから世間に言えない。

離婚者は子供の親権の問題もあるので状況が一般化しにくい。」

(phaさん)「皆一旦離婚すれば良いんじゃないですか」

(永田さん)「私もそれを推したい位で、『一生に一回』だと思うからいけないんだなあと思う。」

 

(コメント3)「永田さんが再婚した時届出を出したのは何故ですか?事実婚の選択をしなかったのは何故ですか」

 

(永田さん)「27歳の初婚の時に法律婚だったのですが、別姓、家計も別でフリーダムに過ごしてたんですが、

 もし事実婚だったら『事実婚だからそれが出来るんだよ』って言われるのがムカつくから半ば意地で法律婚にしました。

 2回目法律婚にしたのは、仮に『tele家族』と呼んでいるのですが(電話やメッセンジャーで主にコミュニケーションを取っている)、月に5回しか(旦那さんに)会っていないけど特に問題がなくて、

 弁護士の友人に夫が病気になった時オフィシャルで休みが取れるって言われて、実際忌引きが出来て、やはり家族の仕組み、法律強いなと思いました。

(phaさん)「使えるものは皆使えば良いんじゃないですか。『tele家族』って面白いですね。

 

(コメント4)「元教員ですが、不登校・いじめがあっても学校が隠す、子供よりもお母さんが世間体に耐えられないという方が多い。」

家庭教師6年やってたのですげーそういうお母さん多いの分かる。

 

(phaさん)「お母さんのメンタルの強さを鍛えるのは大事ですね

(永田さん)「お母さんは社会からどのように承認を得るかというと、子供の社会的成功を通じて承認を得る。

 子供が不登校になると自分が否定されたような気分になる。今子供が何かしたら親の責任にされちゃうからね。」

(phaさん)「お母さんが子供から自立しないと」

(永田さん)「子供の悩み相談って友達にする人と母親に相談する人の数の差がどんどん縮まっている。

 私の仮説は『家族を作りたい人』が家族を作っているから家族にコミットする方が楽しい。昔は嫌でも結婚しなきゃいけない時代だったけど。」

 

(コメント5)「98年生まれだが、景気は下り坂、震災とかを見て社会に諦めを抱いているから親とやっていくしかないからでは。

自分の友人にもphaさんを知っている方は多いが、『あの人は京大出身で頭が良いから出来るんだよ、自分には出来ないよ』という感じになる。大した才能がなくても成功する分かりやすい例が必要なのでは。」

(永田さん)「分かる。家から出たがらないという学生が多い。閉そく感すら感じず、困っていない。

 同質性が高いですね。大体皆同じ感じで。自分と違う人生を歩む人に会う機会が少ないし、会ったとしても、ヨソゴトに感じる。

 変えたいのが自分の中で自明なので変えない理由が分からない」

(phaさん)「僕は自分の居心地が良いようにしたいだけですね」

 (永田さん)「でも『田舎の仕事は減るから』とかそういう恐怖商法による説得は意味がないと思っています。でも皆白黒つけたがる。」

(phaさん)「まあ何とかなります。」

 

(コメント6)「現在結婚する気がないのだが、『結婚しないと分からない』『結婚しないと一人前じゃない』と周りに言われる。これが40歳になるまで言われるのかというとうんざり。どうやって永田先生はそういう意見と闘ってきたのですが?」

 (永田さん)「数字ですよ。生涯未婚率の分布を見ろ!って。

前の旦那に別姓の件で話し合った時、

「日本国憲法 第24条(家庭生活における個人の尊厳と両性の本質的平等を定めた条文)の意味、憲法の成り立ちを教え、海外の例をバンバン出したら『よく分からないけど熱意は伝わった』って言われました。

経験で闘おうとしたら勝てないので理屈で。」

(phaさん)「経験で物事を言う人は大した事がないと思うんで、聞かなくて良いと思っています。」

 

-おわりに- 結婚する人生も、しない人生も、同じぐらい尊い

https://d2lm6fxwu08ot6.cloudfront.net/img-thumbs/280h/B7Z2OZMUCR.jpg

もう、結婚するとかしないとかどうでもえーやん、ほっとけよ。

幸せの形って既に無限にある。

結婚の有無は個人の趣向で、個人の人格とか関係ないから。

本著やこの記事がきっかけで

未婚者をくじく発言や考え方が消えてなくなる事を願う。

生涯未婚時代 (イースト新書)

生涯未婚時代 (イースト新書)

 

おわり!