東大院卒人生オワコンからの逆襲

東大院卒会社員が人生を這い上がる為に転職、英語等について書いて少しでも幸せな生活に繋がる情報を提供できたらなあというブログ

人間関係が嫌だと思った時のおすすめ本5選!

私人との軋轢まみれです。 

だから私「友達いない方が楽」って気づいたんですね。ひとりしかいなくて。

今回の記事は

  • 職場関係で疲れた
  • 友達が嫌い、ムカつく
  • パートナーの言動や行動にイライラする
  • 日常で「満員電車で足踏まれた」等の些細な他人の行動にイライラする

そういう人に読んでもらいたいです!

今回は人間関係が嫌と思った時のおすすめ本を5つ選びました!

1 加藤諦三「誰とも打ち解けられない人」

一生のバイブル。

加藤諦三「誰とも打ち解けられない人」に20歳で出会いました。

この本では「不要な人を切る重要さ」について学びました。読むと必ず泣きます。

一番刺さる文を引用します。

執着性格者には、過去を振り返って、自分の意志で歩いた自分の道がない。だからこそ、今迄歩いた道に執着する。途中が空だから、歩いた距離に執着する。

過程が空だから成果に執着する。自分の意志で歩いていれば、歩いた満足感はある。だから歩いた道の成果に執着しない。」

うつ病になるような人は、過去が虚しいから、その過去を埋め合わせようとする。過去が虚像。その過去の埋め合わせ方が、また間違ってしまう。あくまでも仕事の業績や利益で埋めようとする。心のふれ合いというコミュニケーションをすることを考えない。


 過去の不満を満たすための今。そうして生きていると、振り返った過去がずーっと虚しい。今のための今がない生き方。執着性格者は、その努力が無駄になる事が悔しい。その努力が、その場で成果を生み出すことに執着する。それは努力の過程が楽しくないから。

 関心と興味で動いている人は、すぐに成果を上げようとしていない。人間、最後はすべてなくなる。執着性格者はそのことがわかっていない。

仕事をしていないと不安だけれども、仕事をするのも嫌。
いっそのこと死のうとした。でも死ねない。

「もう十分私は頑張った。これ以上望まない。『あー、こんなことをしなくてもよかったのに』と後悔するのではなく、『これもまた私の人生』と今を受け入れる。(中略)自分の今のコミュニケーション能力で良い。自分が今のコミュニケーション能力しか持てないでいるのには、育った環境とか、それなりの理由がある。」

 

私はずっと不思議に思ってました。

何故総代や専攻長章を取れなかったら自殺を考えていたのか。

自分で好きでやった事ではなく、周りの評価の為にやってきたかと思うと少し悲しくなったのですが、でも研究は楽しかったよ、めっちゃ。
 曽野綾子さんも「世間からどう思われてもいい。人間は確実に他人を正しく評価などできないのだから、と思えることが多分成熟の証である。」と言っているんだし。

f:id:tokui0109reply:20170517195731j:plain

 2 山﨑洋実 苦手な人が気にならなくなる本

「指示通りでも怒っているのは相手の問題」(あるある)それすげー思うよ。

会社ストレッサー上司に苦しんでいる方にお勧め。

苦手な人が気にならなくなる本

苦手な人が気にならなくなる本

 

3 加藤諦三「自分を嫌うな そのままのあなたのほうが好かれる」

幼い頃の親の躾のせいで自己評価を低くし、しかもその感情を抑圧して生活する。

彼らは次第に不調に苦しむ。低い自己評価を抑圧するのはやめなさい、他人の評価を基準にして行動するのはやめてね、という本。

自分を嫌うな (知的生きかた文庫)

自分を嫌うな (知的生きかた文庫)

 

 

4 加藤諦三「落ちこまない生き方嫌われない生き方」

この本は「イソップ童話」を引用して落ち込んでいる人や嫌われている人の見分け方が分かる本。

落ちこまない生き方嫌われない生き方 (だいわ文庫 (29-1B))

落ちこまない生き方嫌われない生き方 (だいわ文庫 (29-1B))

 5 松本桂樹「傷つきやすい人」の心理学 人間関係にとらわれなくなる本

最後にこの本から「自分の気持ち、考えが正直に、率直にその場でふさわしい方法で表現されるアサーショントレーニング」が超実用的なので紹介します。

アサーショントレーニング

ケース1:映画館で帽子を被っている人が前に座って観れない

  1. 事実を描写する 「帽子をかぶってますよね」
  2.  気持ちをいれる 「映画が観れません」
  3.  望む事を提案  「外して戴けますか」
  4.  noと言われた場合に備えて提案する 「そうすればこのまま気兼ねなく観れますので」
「傷つきやすい人」の心理学 ?人間関係にとらわれなくなる本?

「傷つきやすい人」の心理学 ?人間関係にとらわれなくなる本?

 

少しでも人間関係の疲れから解脱出来れば幸いです! 

おわり!